病院の睡眠薬と市販薬の違いについて

睡眠薬は病院で処方されるものとドラッグストアや薬局などで販売されているものがあります。効果や成分などに違いはあるのでしょうか。
病院で処方される睡眠薬は医師の処方箋が必要な処方薬となります。一般的にドラッグストアや薬局などで販売されている薬は、多くの人が手に取ることができるため、安全性が高くなくてはなりません。そのため有効成分の濃度が抑えてあったり、取り扱いに慎重を要する薬は販売されていません。それは睡眠薬も同様で、病院で処方されるものと市販のものとは全く別のものであると考えた方が良いでしょう。
市販されている睡眠薬は、成分的には睡眠とは全く関係なく、薬の副作用として出る眠気を利用している睡眠改善薬です。抗ヒスタミン剤という花粉症やアレルギー、風邪などに利用される薬には副作用として眠気が強く出るため睡眠改善薬として販売されています。副作用として眠気が強く、風邪薬などには利用されない成分が利用されています。そのため、慢性的な睡眠障害には効果がないと言われている代わりに、癖になって薬を飲む量を増やさなければいけないということも起きづらいと言われています。
それに対して病院で処方される睡眠薬は、寝つきが悪い、眠りが浅い、朝方目が覚めてしまう、といった睡眠障害の種類に合わせて医師が処方します。薬を飲んでから血中の濃度が高くなるまでの時間や、その効果が薄れる時間によって様々な睡眠薬があるため、患者一人ひとりの症状に合わせて処方されます。「飲まないと眠れなくなるから不安だ」といった理由で睡眠薬を飲み続けることで、癖になりやすいと言われています。
病院で処方される薬の場合には健康保険が利用できるため、計算をしてみると市販されている睡眠薬よりは効果が高いけれど安くなると言われています。